不動産のいえらぶ > マンション > 石川県のマンションを探す

石川県マンションを探す

石川県のマンション

新着物件

石川県の生活環境は?

江戸時代には前田利家のお膝元であった石川県は、加賀百万石の栄華を誇ります。現在は、城下町の面影を残す町並みがあることで、「北陸の小京都」と呼ばれています。日本海に突き出た能登半島を有している地理的環境から、美しい自然が多く残り、マンションを購入すれば自然に囲まれた暮らしをすることができます。交通面としては、空港と港湾が加賀地方と能登地方にそれぞれ整備されており、鉄道と道路が県庁所在地である金沢市を中心として広がっていることから、さまざまなスポットへ気軽にアクセスできるため不便を感じることがありません。そんな石川県で住まいを求めるのであれば、ライフスタイルに合ったマンションをこちらでお探しください。

石川県のマンションに住むメリットは?

石川県には国の名勝に指定された「白米の千枚田」や、外浦と内浦の対称的な景観が見られる能登半島国定公園など、美しい自然が多く残ることから、自然に囲まれた暮らしをすることができます。交通面としては、陸新幹線も開業したことで、関東圏へのアクセスも良いため、マンションを購入すれば気軽にアクセスできる交通環境を手に入れられることがメリットです。また住まいを購入すれば、長く住まうことができるので永住する方も少なくはありません。そのためマイホームとしてマンションを購入すると、草むしりや冬期の雪かきなどの管理の手間が掛からないので、シニア世代になっても安心して暮らすことができます。そんな石川県での暮らしを是非ご検討ください。

石川県のマンション事情を知ろう

石川県に住んでいる人々は、元々一戸建て志向の方の割合が多いです。しかし、石川県の地価は他の都道府県よりも安いといった理由から、マンションを安くで購入し、自分好みに応じたリノベーションを行うといったスタイルの変化があり、北陸新幹線の効果による新築分譲マンションの新規供給も進んでいます。そのことから、マンションの数も年々増え続け、選択肢も広がってきているのが特徴です。特に県庁所在地である金沢市などの都市はマンションの需要が高く、一戸建てよりもマンションを購入する傾向にあります。マンションを購入する傾向にあることから、石川県の新築・中古ともマンション市場の需要は今後も拡大していくでしょう。

地域情報石川県のマンション事情

石川県の県庁所在地である金沢市は、かつて加賀百万石と呼ばれた加賀藩の城下町として栄えました。第二次世界大戦で空襲の被害を受けずに済んだため、今でも歴史の深さを感じさせる街並みがたくさん残っています。日本三大名園のひとつに数えられ、江戸時代の回遊林泉式庭園の特徴を持つ兼六園をはじめ、長町の武家屋敷跡、茶屋街など有名な観光地が多くあり、日本三名山のひとつである白山や緑豊かな加賀平野、目の前に広がる日本海など自然にも恵まれています。また前田利家の金沢入城をイメージした加賀百万石まつりも多くの観光客を集めています。学問や文芸が奨励された江戸時代の加賀藩で生まれた加賀友禅や輪島塗、九谷焼など様々な伝統工芸は現在まで受け継がれています。金沢市は北陸地方で最大の人口を抱える中心的な都市となっており、マンションも新築・中古ともに金沢市に集中しています。自然に囲まれた歴史と伝統の街・金沢で物件をご検討ください。

住まいのノウハウ

広告掲載

公正表示
(株)いえらぶGROUPは全国エリアの不動産協議会の助会員です
プライバシーマーク認定
(株)いえらぶGROUPは一般財団法人日本情報経済社会推進協会よりプライバシーマークの付与認定を受けています

トップへ戻る